読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松村謙三氏【実業家】

松村謙三氏は日本の実業家。自身が設立したプリヴェ企業再生グループの代表取締役を務め、経済同友会 金融市場委員会委員並びに国立大阪大学法科大学院招聘教授を務める。

日産自動車から三河日産自動車 静岡日産自動車を買収。富士通から東証二部の神田通信工業を買収。東武鉄道から東武運輸を買収。SBIからエース証券を実質買収。タカラトミーからジャスダック上場企業を買収。現在の企業グループを形成。

また、絵画にも造詣が深く、日動画廊が開催している昭和会展にて審査委員を務め、新人登竜門として「松村謙三」を創立。
受賞者には、関野智子さん(2008年)、渡辺香奈さん(2009年)、辻本健輝さん(2010年)、鵜飼義丈さん(2015年)など。

松村謙三氏のコレクションを上野の森美術館東京芸術大学美術館、北海道立近代美術館茨城県近代美術館、宇都宮美術館、奈良県立美術館、高知県立美術館、福岡市美術館笠間日動美術館などの美術館に貸与している。

 

松村謙三 (実業家) - Wikipedia